シミができてしまう原因とシミの種類について

年齢を重ねるごとに気になってくるお肌の悩み、それが「シミ」ですね。
シミが顔にできると毎日鏡を見るたびに気になりますし、憂鬱になり
スキンケアの度にため息がでてしまう・・・そんな風にお悩みの方が
多いのではないでしょうか。

 

そこで気になるのは、シミとは一体何か?ということです。
どうしてシミができるのか、効果的な予防方法・改善方法を知る為にも、
その原因を理解することから始めましょう。

 

 

原因となるメラニンについて

 

シミ・そばかす・美白についての話をする時、必ず聞くのが細胞の
メラニンについてですね。

 

聞いた事はあるけどどういった細胞なのか理解はしていない、
そう言った方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、簡単にわかりやすく解説したいと思います。

 

 

メラニンには2種類あり、ユーメラニン・フェオメラニンと言われています。
この2つは色が違い、ユーメラニンの方は褐色〜黒色で、
フェオメラニンの方は黄色〜赤色ので、その色や割合であなたの髪の色や
お肌の色が決まってきます。

 

これらは、皮膚が外部からうける刺激などにより酸化酵素が生まれ、
それによりシミ・そばかすの原因となるメラニンができてしまうんですね。

 

このメラニンは、お肌のターンオーバーが正常におこなわれる事で
不要な角質と一緒にきちんと排出されるのですが、
メラニンが多くできてしまったり、代謝やターンオーバーが遅いと
排出されずお肌に残ってしまいます。

 

そのお肌のに残ったメラニン色素は、積もり積もってシミ・そばかす・
日焼けなど皆さんを悩ませる色素沈着の原因になってしまうんですね。

 

 

シミの種類と原因

 

一概にシミと言っても、実は様々な種類があります。

 

 

そばかす

そばかすは遺伝の場合が多く、一番多いのは鼻の周辺に薄い褐色で
小さな斑点状に発生します。

 

そばかすと言うのは成長していくことで変化し、濃くなったり
薄くなったりしますが、他の種類のシミと同じように紫外線の影響を
受けることで濃くなってしまう場合もあるんです。

 

老人性色素斑

こちらは、シミの種類の代表としても知られているシミですね。
老人性色素斑は、外部から受ける紫外線の影響で発生します。

 

できやすいのは、紫外線が当たりやすい頬骨、皮膚が薄くデリケートな
目元にできやすく、大きさは数ミリ〜10ミリ位の丸い色素斑の場合が
多いです。

 

肝斑

肝班(かんぱん)ができやすいのは、おでこ・目元・頬に左右対称に
現れる均一の褐色班のことで、一般的なシミと見分けることが
難しいそうです。

 

おもに女性の30〜40代に多いシミの症状なのですが、閉経すると
消えるので、原因に女性ホルモンが関係している可能性があると
考えられています。

 

 

シミの種類と言えばだいたいこの3つに分類されますが、その他に
生まれつき現れる遅発性両側性太田母斑という茶褐色・青色のシミ、
シミの角化が進みイボ状になってしまう脂漏性角化症などもあります。

 

 

シミが現れる原因

 

お肌にシミが現れる原因として考えられるのは次のものです。

 

 

加齢
紫外線
食生活
女性ホルモン
内臓疾患・トラブル
自律神経の乱れ・ストレス
過剰なお肌への刺激(誤ったスキンケア方法・衣類などの摩擦)

 

 

以上のようにシミができてしまう原因は多く、これらの原因が
ひとつだけでなく複数重なっている場合もあります。

 

 

特に一番の原因とされるのは、美肌の天敵である紫外線です。

 

紫外線をお肌が浴びてしまうと肌の健康な細胞がダメージを受け、
肌細胞のメラノサイトを刺激し異常事態になり、シミの原因となる
メラニンを生み出すサインがどんどん出されて、メラニンが大量に
生成されてしまうんですね。

 

たとえ紫外線以外の原因がいくつかあった場合でも、お肌にシミが
できないことがあります。

 

しかし、紫外線はその刺激を受けるだけでシミができたり、
悪化する可能性が高いので、紫外線対策はとても大切です。

関連ページ

シミのない肌を手にいれるには?効果的な予防&改善方法
シミの無い美しい肌は女性にとって理想ですよね。そのためにはどんな予防法や改善策をすればいいのでしょうか?シミの効果的な予防についてご紹介しています。
シミ予防・改善に効果的な医薬品の配合成分と効果
シミ予防や、既に出来てしまったシミ取りにも効く医薬品は数多く販売されています。それらのシミに効く薬には一体どのような成分が配合されていて、どういった効果・効能が得られるのでしょうか?詳しくご紹介しています。
シミ予防・改善薬の選び方・効果的な飲み方とは?
シミ予防や、既に出来てしまったシミに効く薬の効果的な選び方や飲み方についてご紹介しています。